東京百舌

二枚舌ならぬ百枚舌です。適当なこと言います。人が言わないことを言うのが努力目標です。言いっ放しです。あしからず。

リーディングスキルと企業または業種、そしてマッチングサービス ――― エビル(evil 邪悪)になれば、儲けられるぞ!

これからは、企業の採用テストを通じて、業種や企業規模と、そこに入ろうとする人たちの読解力に関係があるのかが分かってくると思う。

リーディングスキルテストを行なっている組織は、どの企業やどの組織(公的なものを含む)にリーディングスキルの高い人が集まっているか把握できることになる。
それは、同業種の中で、企業の格付けにもつながるかも知れない。
「ウチのソフトウェア開発部門は、平均○○のリーディングスキルを持っています。このスキルを活かし常に最新の技術にスキルアップしています」だとか
リーディングスキル○○のコンサル集団。お客様の問題を正確に理解します」だとか
「業界随一のリーディングスキルであることが分かりました。期待は裏切りません」だとか
企業がウリにし出すかも知れない。

リーディングスキルと業績の相関など調べもせずに、こういうことを言い出す未来が見える。


業界ごとのリーディングスキルの傾向も分かってくるだろう。
「この業界はこの程度のリーディングスキルで就業できる」「この業界のリーディングスキルの中央値はこのあたりだから参考にしてください」「この業界で働くにはこれくらいのリーディングスキルがないと、伸び悩む」など、時間とともに分かってくるものと思われる。
企業のほうも、そのうち、「うちで働くならこのくらいは欲しいよね」「この部門(もしくは職種)で働くなら、リーディングスキルテストはあえてやらずともよい」「うちの仕事にリーディングスキルは関係無いね」とか言い出す可能性もある。
一番困るのが、「とにかく高い点数の者が欲しい」となって、取り合いになり、リーディングスキルがそれほど必要無い場所でオーバースペックな人が働く一方で、本当に高いリーディングスキルが必要な場所に人が入ってこないことである。
これは日本全体の損失とつながる。

だから、是非ともやってもらいたいのが、企業における事前調査。
企業としても、闇雲に入社試験にリーディングスキルを活用しようとしても、活用しきれないものと思われる。
その結果を理解できるのか?まことに疑問である。
この場合、事前準備が必要となる。
その企業において、「求める人物の見本」「優秀とされている人物の見本」「役職をもっている人物」など、数パターンを用意して事前にリーディングスキルテストを実施して、その企業の求めるリーディングスキル像を把握しておくと、採用に活用できる。
これを行なわないと、リーディングスキルテストを入社試験に採用しても、「よくわかんないけど、リーディングスキルの高い人を取ってみようか?」「採用におけるリーディングスキルの優先順位ってよく分からないよね」となってしまう。
事前に、「自社における求める人物像とリーディングスキルの相関」が分かっていれば、テスト結果を有効に活用できる。
「他の入社テストはイマイチなんだけども、リーディングスキルの相関はバツグンの志望者がいる。試しに採用してみるか」「面接の印象は良いのだけども、ウチの求めるリーディングスキルの範囲からはほど遠いな。お断りするか」などの対応ができるようになると思われる。

この事前準備の積み重ねから、「企業や業種におけるハイパフォーマーリーディングスキルの相関」も分かってくる。これは、リーディングスキルテストを実施する組織にとって財産となる。


ちなみに、これら集まってくる情報をどう使うのだろうか?エビル(evil 邪悪)になれば高く売れると思う。
「業界ごとの読解力分布図」「業界内での読解力分布図(御社の読解力は業界何位か?)」「業種ごとのハイパフォーマーリーディングスキルの7項目の相関情報」「企業満足度の高い新卒とリーディングスキルの7項目の相関情報」どれも高く売れそうだ。


また、今後個人のテストを受け付ける際に、双方向のマッチングサービスもできるのではないか?

企業に対しては、「あなたの組織に合った人いますよ」と言えるし、個人に対しては、「この企業ならリーディングスキル的に合格圏内です。また、この企業があなたに興味を持つでしょう。ご紹介しましょうか?」と言える。

学習塾への紹介も可能だと思う。リーディングスキルの高さが学力の伸びに関係している可能性があり、もしもそうであれば、学習塾は、より学習効果が見込める生徒を欲するであろうから、こういった紹介を望む学習塾も出てくると思う。相手が学生であれば「あなたのリーディングスキルなら、この学習塾であれば、授業料が無料になりますよ。それと、この学習塾もあなたに興味を持つでしょう。ご紹介しましょうか?」と言える。もちろん学習塾からは、紹介料をもらう。
学習塾からフィードバックをもらうことにより、リーディングスキルの項目と特定の学科の成績の伸び率に相関が認められるようになるかもしれない。講師別のデータがあれば、制度もより高くなり、講師によって生徒を引き上げられるか否かも事前に分かってくる。講師の能力とリーディングスキル向上に相関が見られるようになるかもしれない。そうなれば、この情報も高く売れる。マッチングサービスもよりキメの細かいものとなる。
「今回、貴学習塾様にご紹介する生徒様は、特に物理の潜在学力がある生徒様です。本人も理系志望です。今、伸びや悩んでいるそうですが、貴塾は、過去にこういった生徒様の能力を、○○先生の授業において引き上げた実績があるので、ご紹介します」

 

GAFAすら(グーグルもアップルもフェースブックもアマゾンも)この領域に手を出せないでいる。

 

人的資源は即ち、お金のなる木である。

 

今後、リーディングスキルテストの諸外国版を作っていけば世界中のリーディングスキル絡みの情報を手中にできる。
日本語と諸外国語との差異も分かるだろうし、人材育成と人材流通の中心にもなれる。

エビル(evil 邪悪)になれば、儲けられるぞ!

 

人に見られて変化するのは、動物のみか?

gigazine.net

チューリッヒ大学の研究チームは、野生のネズミを飼いならした結果、ネズミの見た目が大きく変化したことを発表しました。これまで「動物は人間によってなつきやすいよう選択的に交配されると見た目が変化していく」ことは分かっていましたが、今回の研究では選択的な交配を行わずとも見た目が変化していったことが確認されたとのことです。

よし。動物は分かった。

ならば、鳥は?

ならば、魚は?

鳥でも魚でも観賞用に綺麗になっているのがあるが、
これらも、人に見られていることが僅かながらでも影響しているのか?

鳥や魚でも同様の結果が出たら、脊椎動物全体の傾向とみても良いのではないか?


そして、それは目が関係しているのか?

もしも魚で同様な結果が得られたら、
比較対象として、洞窟で進化したメクラウオでも調べたらどうか?


そうなれば、次に来るのは昆虫となる。

飼育下のオオセンチコガネなどは色のバリエーションが増えるのであろうか?


・・・などと想像は膨らんでいく。

安倍の皮をかぶった鳩山

羊の皮をかぶった狼 という言葉がある。
もののけ姫にも、イノシシの皮をかぶったのが出てくる。
あれにだまさるものがいる。

それで、安倍首相は、実は、安倍の皮をかぶった鳩山なのではないか?

いや、だって、よく見てみろ。やっていることは同じだから。

「外交の安倍」とは言っているが、やっていることは鳩山の「友愛」ではないか。
アメリカでもロシアでも、他の国でも、「友愛」を振りまいているではないか。

鳩山はオバマに「トラスト ミー」と言ったそうだが、
安倍もプーチンに「北方領土に米軍は置かない。信じて欲しい」と言っているようだし。まさしく「トラスト ミー」ではないか。
皮をかぶっていても鳩山は鳩山だ。態度でバレてしまう。
やはり、安倍の皮をかぶった鳩山ではないか。

ロシア極東開発を統括するトルトネフ副首相は2018年12月10日、北方領土問題について「プーチン大統領安倍晋三首相は、島の引き渡しについて一度も議論していない。協議しているのは、共同経済活動についてだ」と述べたそうだ。(タス通信

鳩山は友愛しか考えない。
領土や基地などは、けっこういい加減に考えている。国と国は、何より友愛が大切だからだ。
今の首相は、安倍の皮をかぶった鳩山だから、もちろん友愛しか考えていない。経済協力しか考えていない。

すると、今まで見ていたニュースも違って見えてくる。

北方領土が沖縄に見えてくる。

鳩山発言がきっかけで沖縄の基地問題は迷走したが、
いま、まさに、北方領土問題においても、
安倍の皮をかぶった鳩山が迷走の序曲を奏でようとしている。

すでに迷走は始まっている。
北方領土は大戦の結果 ロシア領になった」との発言がロシアからあった。
プーチンアイヌにまで言及し始めた。

「友愛」の鳩山は、私たちにも「トラスト ミー」と言っている。
鳩山は今回もやる気だ。

ほうっておいたら北方領土どころか北海道まで迷走するぞ。

みな、その上っ面にだまされてはいないか? あれは安倍の皮をかぶった鳩山だぞ。

なにかこじれたら、また「国民が聞く耳を持たなくなった」と言い出すぞ。

安倍首相の名前が出ている森友文書、あると思う

昭恵夫人って、私人でしょう。
なのに、森友以外でも神風を吹かせているでしょう。
こういった、なぜ夫人が神風を吹かせることができたのかが説明がされている文書がまだ出ていないんだけど。

はてなで「煽り耐性が無い」と言われている安倍首相が、
煽られて、思わず「私や妻が・・・」と言えば、それは何かのフラグでしょう。

事実、国会を抜け出して、大阪に行っているわけだし、
そのときのことが書かれた文書がどこかにあるはずなんだけど。

神風を吹かす昭恵夫人の旦那様は、風神様でしょう。
どこかに「これは風神様案件」と書かれた紙があるはずなんだけど。

最終的には、「あれは私がデマカセを言って書かせました」「書いたけれど嘘でした」と言い訳してくるのかも知れないけれど、文書そのものはどこかにあるはずなんだけど。

それが保険になって笑っていられる人がいるはずなんだけど。

生命は水星から順番に発生したのではないか?

暗い太陽のパラドックス - Wikipedia

昔の太陽は今ほど明るく無く、暗いのに、なぜに地球は凍って無かった? ついでに火星も、というパラドックス

標準太陽モデルによると、太陽のような恒星は主系列段階の寿命の間に、核融合によって引き起こされるコアの収縮に伴って徐々に光度が上昇する。つまり、若い頃の太陽は現在よりも光度が小さく暗かったと予想される。
40億年前の太陽のモデルから予想される光度と、現在の地球の温室効果ガスの濃度を考慮すると、当時の地球の表面の水は全て凍りついてしまっていたことが予想される。しかし地質学的な記録からは、過去の地球表層は 24 億年前から 21 億年前までのヒューロニアン氷期の時期を除くと、継続的に比較的温暖であったことが分かっている。


これを読みながら思うことは、太陽が何十億年もかけて徐々に明るくなったのであれば、太陽系の生命は、水星から順番に発生(もしくは活性)したのではないか?という感想が出てくる。ちなみに水星は今でも氷があるらしい。
金星に関しては地球よりも早く生命が誕生してある程度の進化もあったのではないか?

太陽系惑星・生命順次萌芽(ほうが)説とも言えるようなもの。理屈としては合っていると思う。

生きるために、みんなケントギルバっているんだね

生きるためのネトウヨ化という話が以前出ていたと記憶している。


ケント・ギルバート氏などがそれにあたる。

杉田水脈氏も、「伊藤には、女としての落ち度がある」発言など、
生きるためのネトウヨ化なところがある。
はてな で出ていた「杉田水脈も実は嫌な目にあっているのではないか?」というコメントは、するどい指摘に思える。

片山さつき氏も、出世のためにネトウヨ化しているのではないか?と指摘されている。


以下のツイートで知った野田由美子氏の話を読んでいたら、
今回の文章を書きたくなった。

 

 

中田宏氏が横浜市長だった時に副市長をしていて投げ出した、野田由美子氏。
今は、フランス水処理世界大手、ヴェオリア日本法人トップになっているそうだ。
投げ出して流れていって、生きるために、これをつかんだんだ。

生きるためなら主義主張だって、日本だって、どうだっていい。
ということのようだ。

「儲かりますよ」
ということだろう。


お金をもらってネット工作員をする人と何が違うというんだろう。

野田らのほうが大きな仕事をしている?
まあ、それはあるな。


そう思っていたら、こんな話も。
どいつもこいつも生きるためには、主義主張だって、この話ではアンケートの質問項目だって、
変えるんだねえ。

 

安倍内閣を支持する理由」で半数以上の数を取っていた選択肢の「他に代わる人がいないから」が消えて、支持理由が見えにくくなっている。

こちらも仕事としては、大きな仕事をしているねえ。


みんな生きるためなんだねえ。

 

「次の質問をどうぞ」の人もたぶん・・・。

金星大気のパラドックス

暗い太陽のパラドックスに触発されて作ってみた。

金星大気のパラドックス

簡単にまとめると、
「金星は地球より、質量も小さく、重力も小さいのに、地球と比べると90倍もの大気を持っている!
本来持つであろう金星大気の予想値で比べると100倍もの大気を持っている!
なぜ、そこまでの大気を保持できているのか?」
というパラドックス
太陽により近く、太陽風の影響もあるのに。太陽風から守る磁場も無いのに。


金星は、
・地球との相対質量 0.81500
・表面重力 8.87 m/s²(地球:9.807 m/s²)
 8.87 ÷ 9.80700 = 0.904456001 → 地球の0.904456001倍の重力。
・太陽からの距離 108,200,000 km(149,600,000 km)
 149 600 000 ÷ 108 200 000 = 1.38262477 → 距離的に言えば、太陽風の影響を1.38262477倍受ける。

なのに、
・大気圧 9,321.9 kPa(地球:101.325 kPa)
 9 321.9 ÷ 101.32500 = 92
 → 実測値で比べると92倍もの大気圧をもっている。

 これを地球大気圧と両惑星の重力比から見てみると、 

 101.32500(地球の大気圧) * 0.904456001(金星と地球の重力比) = 91.6440043(金星大気圧の予想値)
 9 321.9 ÷ 91.6440043 = 101.718602(観測された大気圧と予想値の差、およそ100倍)
 → 予想値で比べると100倍もの大気圧をもっている。はっはっは、笑けてくる。金星はどれだけ界王拳なんだ。単に桁を間違えているだけではないのかと言いたくなる(個人的には、計測ミスだと思っている。だっていくらなんでも100倍って100倍って)。

 

こうなってくると、
「地球の磁場が無くなると、太陽風によって大気がはがされるという話があるが本当か?
金星なんて磁場も無くて、太陽に近くて、重力も小さいのに、地球の90倍の大気だが?」
という話でもある。

 

ちなみに火星もパラドックスな感じになっている。
・地球との相対質量 0.10745
・表面重力 3.71 m/s2
3.71 ÷ 9.80700(地球の重力) = 0.378301213 → 地球の0.378301213倍の重力

火星大気のパラドックスとしては、大気圧の予想値よりも実測値が著しく小さいというもの。

・太陽からの距離 227,900,000 km
227 900 000 ÷ 149 600 000 = 1.52339572
 → 地球よりも太陽から1.52339572倍遠い。
227 900 000 ÷ 108 200 000 = 2.10628466
 → 金星よりも太陽から2.10628466倍遠い。

149 600 000 ÷ 227 900 000 = 0.656428258
 → 距離的に言えば、太陽風の影響を地球の0.656428258倍受ける。
108 200 000 ÷ 227 900 000 = 0.474769636
 → 距離的に言えば、太陽風の影響を金星の0.474769636倍受ける。

・大気圧 0.7-0.9 kPa
 101.32500(地球の大気圧) * 0.378301213(火星と地球の重力比) = 38.3313704(火星大気圧の予想値)
 0.9 ÷ 38.3313704 = 0.0234794632(観測さてた大気圧と予想値の差、およそ0.02倍)
 → 予想される大気圧(38.3 kPa)と観測された大気圧(0.9 kPa)との差が0.02倍と、あまりにも大きい。
ちなみに地球においては、エベレスト(8,848 m)級の標高8,400 mで、36.3 kPaとなるようだ。


ちなみに火星を金星と比較すると、
3.71(火星の重力) ÷ 8.87(金星の重力) = 0.418263811
9 321.9(金星の大気圧) * 0.418263811(火星と金星の重力比) = 3 899.01342(金星大気圧を元にした火星大気圧の予想値)
 3 899 kPa。あらやだ。101 kPaの地球よりも大気があることになっちゃった。

 「火星は太陽風の影響を受けているんだよ」という声も聞こえてくるが、
 ならば、火星よりも地球よりも太陽風の影響を受けている金星が地球の90倍とは、これいかに。と話は振り出しに戻っていく。そしてこの矛盾は金星大気のパラドックスと呼べるものになっていく。

 

ちなみに、太陽風の速度は、太陽に近いと遅く、遠くなると早くなるらしい。
これは、密度と関係しているという理解でよいか?
たとえるなら、満員電車から人が降りる状況。降り口は密度が濃い(高い)ので、なかなか早く降りられないが、一度駅のホームに降りて、人がまばらになれば、急ぐこともできて人の足取りは早くなる。
太陽風も太陽から遠くなり周りが真空になっていくと、邪魔が無いので早く拡散するという理解でよいか?
たぶん、合っていると思うのだけども。
だから、太陽により近い惑星のほうが密度の濃い太陽風の影響で大気がよりはがれやすくなるはずなのだが金星はどうか?

 

まとめると、こうなる。

・重力比から見ておかしい。
太陽風の影響を受けるのにおかしい。
・磁場も無いのにおかしい。

 

これが、金星大気のパラドックスである。