東京百舌

二枚舌ならぬ百枚舌です。適当なこと言います。人が言わないことを言うのが努力目標です。言いっ放しです。あしからず。

行方不明者とベンジャミン・バトン

この前、ある町(町か市)で行方不明者が出たそうだ。翌日朝、無事発見との町内放送が流れたそうなのだが、
この行方不明者、老人だったそうだ。
この話、始めに行方不明とだけ聞いて、子供の誘拐か、はたまた子供の迷子か、と思っていたのだが、ご老人の迷子であったらしい。


そういえば、以前、旅行をしている先で、施設内ではあったけども、顔写真入りの尋ね人の張り紙があって、それが老人だった。
それまで、この手の張り紙は「うちの猫を探しています」くらいしか見たことが無かったので衝撃だった。
たぶん、痴呆症なのだろう。

 

こんな話もある。
電車の中で、「あのう・・・」と老人から尋ねられて、「なんですか?」と聞いたら、「私はどこで降りればいいのですか?(私はどこに向かっているのですか?)」と言われた人がいたそうだ。
子供の迷子ならぬ、お年寄りの迷子である。
そのうち、お年寄りの神隠しが起こりそうである。というよりも、すでに尋ね人になっているお年寄りは現代の神隠しなのかも知れない。

 

現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅 | ワールド | for WOMAN | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

というのがあったが、こういった自宅と離れたいつもとは違う場所での迷子は、老人でも起こりそうではある。

 

映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』では、子供の姿をした老人が描かれていた。
そう、子供と老人は似ていたりするのである。

映画以前にも、高野文子の『田辺のつる』というマンガもあった。内容は忘れたのだけども。
そう、子供と老人は似ていたりするのである。

キャビテーション気泡の部分的な崩壊はトナカイでも起こるのか?

www.afpbb.com

好きか嫌いかはさておき、非常によく耳にする指の関節音については、指の全ての関節を鳴らせるわけではないこと、一度鳴らした関節については20分待たないと鳴らせないことなどが、過去の研究で立証されていた。

これに関して、

エコール・ポリテクニークのアブドゥル・バラカト(Abdul Barakat)教授は「指関節を鳴らした時に生じる音の原因は、関節内の液体中にあるキャビテーション気泡の部分的な崩壊だ」と説明する。

これは本当なのか?
ならば、トナカイはどうか?

動物園で見るトナカイは「コキ、コキ」と、ポキポキとほぼ同じ感じな音をたてて歩いているけど。
動物園で聞いていると、そんなに関節を鳴らして大丈夫かと心配になってくるけど。


旭山動物園のトナカイの説明では、こんなふうに書かれている。

トナカイが歩くときに、「コキ、コキ」と小さな音が聞こえます。これは、指をポキポキと鳴らすくせのある人がいますが、それと同じ現象と当園では考えます。

http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/zoo/library/lib_tonakai.html

 

トナカイは、人の指の関節のように20分など待っていない。
ならば、トナカイの「コキ、コキ」は?
「キャビテーション気泡の部分的な崩壊」とやらは連続で起こるものなのかを聞いてみたい。

 

指の関節がポキッと鳴る原因は、科学者を100年以上悩ませたそうだが、では連続して鳴るトナカイはどうなのか?

技術の寄返逆説

技術って進むときに、どこかが反対に退いていることがあり。
つまり
技術って進むときに、当初は、何かを捨てて進むので、反対に退いているようになって。

 

つまり
CDができたときに、人が聴けない高低音を切り捨てた話なんか。

つまり
デジタル製版の初期に、版下の遊びができなくなった話なんか。

つまり
メールに写真を添付して楽しんでいたら、写真付き携帯が登場して、それで便利だなと使ったら、写真のサイズが小さくで楽しくなくなった話なんか。

つまり
最新のマネキンで、
映像をマネキンの顔に、マネキン内部に設置したプロジェクターを使って投影して、顔を表現して、
すでに不気味の谷は乗り越えたはずなのに、ちょっと違和感のあるマネキンになっている話なんか。

つまり
新しいガジェットがオモチャと評される話なんか。

 

さらに技術が進んでいくと、これらは解決されていく。捨ててきたものを再び拾って技術が前に進むこともできるようになる。

寄せては返す波のように

進行と後退を混ぜながら技術は進んでいく。

三歩進んでいるようでいて二歩下がっていることを繰り返しながら
技術は進んで行く。


つまり
寄返逆説(寄せては返すパラドックス、ナギサパラドックス)もしくは寄返矛盾と言えるものを孕みながら技術は進んで行く。

この問題の背後で思うこと

あるところに王様がいました。
そこに悪い国語教師が来ました。
その国語教師は、「自分の地位にふさわしくない者、手に負えない馬鹿者」には読めない漢字を教えることができました。
悪い国語教師は王様に「背後」という漢字の読み方を教えました。
読みは「せいご」というものでした。

自分の地位にふさわしい教養を身につけた王様はたいそうよろこびました。
さっそく大臣たちを呼び寄せ、大臣たちがその地位にふさわしいか確かめることにしました。

「この中にこの漢字を読めないものがいるか?」

王様は居並ぶ大臣たちに聞きました。

「自分の地位にふさわしくない者、手に負えない馬鹿者には、この漢字は読めない」

大臣たちは顔を見合わせました。

そのとき、奥の方から悪い国語教師がにこやかに現れてこう言いました。

「王様、大臣たちは読めますよ。これが“せいご”だと」

一瞬大臣たちは目を丸くしました。
ですが、大臣たちは、これが「はいご」だとは言えず、そのうち、そういえば「せいご」だったかもしれないとさえ思えてきて、

「王様、これは“せいご”と読みます」「我々も馬鹿ではありません。それくらい読めます」

と、皆、口々に言いました。

王様も、大臣たちがその地位にふさわしい者たちだということが分かり、非常に満足しました。

そんなある日、パレードが開催されることになりました。
王様は、自分の威厳を示すため、皆の前で演説をすることにしました。

つづく

 

news.livedoor.com

「この人の言い間違いが問題なのはただの無教養ではなく、彼が日常的に犯す言い間違いを『それ違うよ』と指摘してくれる人が周りに一人もいないということです」(思想家・内田樹氏)

このコメントを読んで、
本当の忠臣を持っていない人は、アンデルセンの「はだかの王様」と同じだな
と思ったので、こんな話を書いてみた。

 


ここから先の話は、忠臣ではなく、学力の話。

この記事の
人気のコメント トップ3

KKElichika 読み間違いそれ自体でなく、「安倍氏は内容をきちんと理解しないまま原稿を読んでるのではないか?」が本質的な問題ではないかと思う。政府のトップが自分が何しゃべってるか理解せずに発言するのはヤバすぎるわけで

udonkokko “この人の言い間違いが問題なのはただの無教養ではなく、彼が日常的に犯す言い間違いを『それ違うよ』と指摘してくれる人が周りに一人もいないということ”

trade_heaven こんな事で勝ち誇るなよと思う反面、「背後」が読めない奴なんて周りに一人もいないわけで、常識のレベルの国語力もない人間が何を美しい日本とか言ってるの?小学生以下の国語力のくせにとは思わんでもない。

 

これら疑問の払拭のために、
願わくば、学力テスト、リーディングスキルテスト、TOEICを受けてもらいたい。

「そのような時間など無い」と言うだろうが、

漢字が読めるかという話であれば、記者たちの前で、記者が提出した問題を解けば疑いは晴れる。
問題は、教科書や漢字検定から抜粋すれはよい。

また、
リーディングスキルテストは本格的に調べるのであれば1時間近くはかかるようだが、初期の頃は10分程度だったはず。

最低限「安倍氏は内容をきちんと理解しないまま原稿を読んでるのではないか?」の懸念を払拭できる程度の問題を10分解いてもらえば良い。
つまり、中学校の教科書をベースにした問題を、制限時間内に全問正解で何問解けるか調べてみる。
このテスト、読解力のある人であれば、正答率が高く、しかも、回答数も多いと聞く。
コメントの人気トップにある不審の眼差しを正すのだから、
時間を割いてでもやる価値はある。

英語力であれば、TOEICを受けるまでも無く、外国人記者からの英語の質問を普通に受ければそれでよい。

あとは、中学・高校レベルの社会科のテストも受けてもらいたいところ。そしてどの問題が解けなかったかを公表するべき。


そうは言っても、
現職総理は、立場もあるし、むつかしい。


それで、ここからが本題。

これ、石破さんや枝野さんならやってくれるのか?
今のうちから、次の主役候補の資質を見ておく必要がある。

ITを「イット」と言った元総理大臣が、2018年にサマータイムと言い始めたことを考えても、次の人の資質は気になるところ。
忠臣がいればこれを防げただろう。
でも、臣下たちはサマータイムをあきらめていないという現実。

「味方」とは「アジカタ」ではありません「ミカタ」です

ご存知だろうが、「味方」とは、「アジカタ」と読む。

語源は、

江戸時代の奉行所の賄い処(まかないどころ)、いまでいう厨房での役職のことを指しています。賄い処において、食事の用意をする係、いわゆる賄い方(まかないかた)の中でも、
味を確かめて責任を持つ賄い方のことを「アジカタ」とんでいました。

・・・っていうのは嘘。信じては駄目。

 

本当は、「みかた」と読む。

《「かた」の敬称「御方」の意。「味方」「身方」は当て字》
1 対立するものの中で、自分が属しているほう。また、自分を支持・応援してくれる人。「心強い―」⇔敵。
2 対立するものの一方を支持したり、応援したりすること。

デジタル大辞泉


味というと意味が分からなくなってくる。
何で「味」なのか?と思ったら当て字だったのか。
今度から、「身方」を使おうかと思う。

それとも中国語を使って、「我方」にしようか。読みは・・・「わがかた」にしよう。
九州のほうで、「自分の自転車か?」という意味で「我がチャリ?」って聞かれたことがあるから、まあ、そんなところか。

高所権力症

高い場所にいる人ほど、リスクが高い決断をする:研究結果

wired.jp

不完全な文章の穴埋めをする実験を行った。その結果、4階にいた人は1階の被験者と比べて、権力と結びついた文章をつくり出す可能性が高かった。

 

なるほど、高ければ高いほど権力と結びつくと、

であれば、もともとそういう傾向があったにせよ、ラピュタムスカ大佐が、
見ろ、人がゴミのようだ!」
と言ったのも、ラピュタの高さゆえの発言・・・つまり失言だったのかも・・・。

なんて思ったり。

 

それにしても、4階程度で影響を受けるとは。
田舎から東京にやってきて、マンションに住んだら、人が変わることだってあるってことか。

全俳句を著作権登録する

五七五の俳句、大まかに日本語の組み合わせを、ひらがな・かたかな・濁音・小文字など含めて200すると、
一文字は、200の一乗、200文字、
二文字は、200の二乗、200x200文字、
三文字は、200の三乗、200x200x200文字、
で、
五七五の十七文字は、200の十七乗となる。
これら文字列を著作権とすれば、これから70年、俳句を作れる人はいなくなる?

あくまでも理屈ですが。

 


ちなみに
200の 17乗 = 1.31072 × 10の39乗 文字
だそうです。

三文字の単語なら、
200の 3乗 = 800 0000(800万)文字
なので、いけそうです。

五文字の単語なら、
200の 5乗 = 3200 0000 0000(3千2百億)文字

技術が発展し、悪用されたら、一発ギャグは言えなくなるのかも。

 

 

著作権で言えば、こんな漫画があったりします。

note.mu

 

 

追記

なんだか、漫画のブックマーク数が増えて、漫画に便乗して、この記事のアクセスを増やそうとしているように見えるから、言い訳をひとつ。
この記事を出したときは、ブックマーク数は1つでした。
今は、ブックマーク数が増えて嬉しい限りです。まだまだ少ないくらい。