読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百舌

二枚舌ならぬ百枚舌です。適当なこと言います。人が言わないことを言うのが努力目標です。言いっ放しです。あしからず。

見えているのに見えていない

惑星の楕円軌道を発見したのは、ケプラーだけれど、なぜ発見できたのかという話は示唆があって面白い。
当時の科学の常識は、惑星は円を描いて運行しているというものだった。惑星観測のデータの中には円運動を前提にすると誤差があった。普通の科学者はそれを誤差とした。ところがケプラーは、その誤差にこだわった。こだわってこだわって、とうとう楕円軌道を見つけた。たぶん、当時の科学者も誤差には気付いていた。でも見なかったことにしていた。

見えているのに見えていない。

なぜか、ここで私は、オカルトのことを考える。

火星の動画にゴキブリが映っている。
遠い空の彼方でダイソン球を作っている。
地球のどこかで、未確認飛行物体が飛んでいる。

でも、

見えているのに見えていない

そんな人もいる。

でも、

そこにこだわっている

そんな人もいる。


なんてことを いま 考えている。