東京百舌

二枚舌ならぬ百枚舌です。適当なこと言います。人が言わないことを言うのが努力目標です。言いっ放しです。あしからず。

アクア説者、喜びそうだね

最近の記事で、こういうのがあった。

karapaia.com

(海の遊牧民と呼ばれているモーケン族の子どもたち)彼らは水中で目がよく見える。いったいなぜなのだろう?

わたしたちの目は、水中ではぼんやりと不鮮明になってしまう。

しかし、モーケン族の子どもたちは、瞳孔を狭めることによって、屈折力をうまく調整しているのだ。

現代の人間は水中では目が適応しようとしないため、こんなことはできないと考えられている。しかし、モーケン族の子どもたちは、瞳孔を小さくして、目のレンズの形を変えることができるのだ。

もしかしたら、かつて人類にに備わっていたものの、進化の過程で削ぎ落されていった能力なのかもしれない。その証拠に欧米の子どもたちを訓練した結果、一時的にこの能力が得られたという研究結果もある。

これは、アザラシやイルカにも備わっている能力である。すばらしい適応力だが、残念ながら永久的なものではない。モーケン族の子どもたちは、大人になるとこの能力のほとんどを失ってしまうそうだ。

こういった記事は、アクア説者が喜びそうだね。

欧米人とタイ西部に住むモーケン族が同じ能力(片方は潜在能力だけど)を持つということは、この二つの民族が分岐する前にすでに、共通の能力として、水中でものを見る能力を備えていたということ。

よくよく考えて見ると、人間って、魚や貝やイカやタコを食べる猿なんだよね。泳ぐの大好き猿なんだよね。

水生類人猿説 - Wikipediaを読むと、その理由のひとつに「ヒトは他の動物と比べて塩分摂取の必要量も許容量も多い。これは海水中生活に適応した名残である。」というのがあるんだけども、

それで思い出したのが、カバ、カバも一時期海辺で進化したと言われている。

子どものころ読んだ本に、「アフリカでカバをつかまえるときは、塩をまいて、ワナの囲いの中まで おびき寄せてつかまえる」と書かれていて、「嘘つき!なんでカバが塩なんか好きなんだ!?」と思っていたけど、海辺で進化したならそれもありそうだと思えてくる。

さっき、少し検索したら「草食動物は、カリウムを含む植物を多食するため、ナトリウムの不足をきたし、塩分を欲しがるようになります。家畜の牛は一日に80グラム、馬は40グラムの塩を必要とし、カバは500グラムも摂取します。」なんて出ていて「カバ塩分取り過ぎ!」「文字通り、桁違い!」なんて思うけど、それは海辺で進化したからなんだろう。

11.コラム 草食動物と塩 | 塩物語より

 

アクア説はTEDでもあった。

www.ted.com文章で読みたい人はこちら ↓www.ted.comエレイン・モーガンさんはこう言ってる。

「次は人間の話す力についてです 私達は話せますが ゴリラは話せません なぜでしょう? 歯や舌や肺に関わる問題ではなく 意識的に呼吸を抑制することに関係しています ゴリラに“アー” と言わせようと訓練することすらできません

水に飛び込むダイバーは 滅多に水しぶきをあげません ゴリラが同じことを することを想像してください ゴリラと比べたら人間は なかば 魚のように形づくられたようなものです

 

今回の冒頭の記事は、エレイン・モーガンさんも喜ぶだろうね。