東京百舌

二枚舌ならぬ百枚舌です。適当なこと言います。人が言わないことを言うのが努力目標です。言いっ放しです。あしからず。

リーディングスキルテストと6つの読解力

まず、理解しておいて欲しいこと
まず、理解しておいて欲しいことは、
人工知能“東ロボくん”に高校生受験生のおよそ8割が破れている」
という事実です。

なにが問題なのか
人工知能“東ロボくん”やリーディングスキルテストに関わった新井教授は、読解力に注目しています。

この読解力は、6つに分けられます。
係り受け」「照応」「同義判定」「推論」「イメージ」「具体例」
の6つです。

このうち、“東ロボくん”が得意なものが、
係り受け」「照応」「同義判定」
で、

“東ロボくん”が苦手なものが、
「推論」「イメージ」「具体例」
です。

では、人間は、どうなのでしょうか?
実は、リーディングスキルテストにおいて、人間でも同様な結果が出てしまいました。
人間も、“東ロボくん”と同様に「推論」「イメージ」「具体例」が苦手なのです。

さらには、「係り受け」の一部の問題で、進学校の高校生でも3割が間違えるという結果が出てしまいました。

また、中学生も、単にキーワードをピックアップしてマッチングする程度の読みしかしておらず、教科書を読めていない可能性が強くなってきました。
リーディングスキルテストの結果から、
「中学生の半数が教科書を読めておらず、15パーセントは、主語すら分かっていない」ことが明かになってしまったのです。
当然ながら、暗記と計算に関して、人間はコンピューターより劣る状況です。

今まで言われてきた
「機械は暗記や計算が得意、だけど、人間は機械ができない"意味"が分かる」
という認識が、リーディングスキルテストによって怪しくなってきました。

2つに大別される読解力
読解力は、「係り受け」「照応」「同義判定」「推論」「イメージ」「具体例」の6つからなります。これらの能力は各々独立した能力です。

6つの読解力の説明は以下の通りです。

係り受け―― 語句の間にある「修飾する」「修飾される」関係の理解
「照応」―― 指示語や省略された主語が何を指しているかの理解
「同義判定」―― 二つの文が同じ意味かどうかの判断
「推論」―― 論理や常識を使って文章を読み解けるか、文章で書かれていない部分(省略されている部分)を理解できているか
「イメージ」―― 文章と図表が対応しているか
「具体例」―― 定義と具体例が対応しているか


これら6つの読解力は、2つに大別されます。

文の表層的な情報を読み取れる能力として「係り受け」「照応」「同義判定」
文の意味を理解できる能力として「推論」「イメージ」「具体例」

人間も機械も、「文の意味を理解できる能力」である「推論」「イメージ」「具体例」が苦手であることが分かっています。

そして、中学生においては、「文の表層的な情報を読み取れる能力」である「係り受け」の正答率は64.5パーセントです。つまり3割以上の生徒に問題があることも分かっています。「文の意味を理解できる能力」である「具体例」の正答率にいたっては33.7パーセントしかありません(最後の方にデータがあります)。

こういったことがリーディングスキルテストを通じて分かってきました(繰り返しますが、この文章の最後の方にデータがあります)。

リーディングスキルテストの実例
係り受けの問題例:
仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカオセアニアに、イスラム教は北アフリカ西アジア中央アジア、東南アジアにおもに拡がっている。オセアニアに拡がっているものは(  )である。

「照応」の問題例:
Alexは男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある。Alexanderの愛称は(  )である。

これは、英語の教科書の注釈部分だそうです。
そしてこの正答率は、中学生で4割だそうで、「注釈も読めないのに、英語の勉強どころではないでしょう」という話になります。

「同義判定」の問題例(その1):
以下の文を読みなさい
「輸出が伸び悩む中でも、和牛が人気の牛肉や、和食ブームを反映した緑茶や日本酒などは好調だ。」
上記の文が表す内容と以下の文が表す内容は同じか。「同じである」「異なる」のうちから選びなさい。
「輸出が伸び悩む中でも、和食ブームを反映した日本酒や緑茶、和牛が人気の牛肉などは好調だ。」
   「同じである」  「異なる」

「同義判定」の問題例(その2):
以下の文を読みなさい。
「幕府は、1639年、ポルトガル人は追放し、大名には沿岸の警備を命じた。」
上記の文が表す内容と以下の文が表す内容は同じか。「同じである」「異なる」のうちから選びなさい。
「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた。」
   「同じである」  「異なる」

中学生の約4割が誤答したそうです。

「推論」の問題例:
ヨーロッパは日本より相対的に緯度が高いので、夏の昼の時間が長い。
ヨーロッパの夏の夜の時間は、日本に比べてどうか?

「イメージ」の問題例(その1):
原点Oと点(1,1)を通る円がX軸と接している図を選べ

この問題ができない生徒がいることを知ったとき、教科書関係者が「これ以上、どう書けばいいっていうんだ」と頭をかかえたそうです。

「イメージ」の問題例(その2):
四角形の中に黒でぬりつぶされた円がある絵を選べ

「具体例」の問題例:
以下の文を読みなさい。
白玉6個、赤玉3個が入っている袋から玉を同時に4個取り出した。
上の文に当てはまるものを選択肢の中から全て選びなさい。
1.取り出したのは白玉3個であった。
2.取り出したのは白玉4個であった。
3.取り出したのは赤玉4個であった。
4.取り出したのは赤玉1個と白玉3個であった。

リーディングスキルテストでは、問題を再利用するために、公表される問題文はあまりないようです。

また、問題文については、テスト結果と比べながら、良質な問題文かを確認しているようです。
ここで言う「良質な問題文」とは、「回答者にとって良質な問題文」では無く、「読解力の低い者を識別するのに精度の高い問題文」「読解力の高い者を識別するのに精度の高い問題文」を指しているようです。
詳しくは『デジタライゼーション時代に求められる人材育成』をお読みください。

中高生の成績の推移
問題タイプの正答率(カッコ外)およびランダム解答の生徒の割合(カッコ内)(単位:%)
デジタライゼーション時代に求められる人材育成』より

  (1)係り受け (2)照応認識 (3)同義文判定
中1 56.4(44.6) 55.4(46.5) 67.3(58.1)
中2 58.4(40.5) 55.9(42.6) 71.8(52.5)
中3 64.5(29.3) 66.8(24.4) 74.7(41.8)
高1 82.0(6.7) 82.1(5.8) 87.5(17.0)
高2 86.4(3.5) 81.3(10.4) 88.7(12.5)
高3 87.5(3.0) 86.9(2.2) 90.5(8.5)
       
  (4)推論 (5)イメージ (6)具体例
中1 50.6(68.4) 26.4(57.7) 23.6(62.1)
中2 54.0(58.9) 28.6(45.4) 25.4(56.6)
中3 57.9(49.9) 36.3(34.5) 33.7(41.4)
高1 67.9(32.9) 51.1(16.8) 49.1(19.3)
高2 69.7(29.5) 57.7(10.4) 50.0(8.5)
高3 74.9(19.1) 53.2(4.4) 51.3(14.3)

リーディングスキルテストではすべての問題が択一または複数選択式なので、ランダムに答えを選んでもある確率で正解しうる。各問題タイプについて、公立中学1年生から3年生および、進学率がほぼ100% の高校1年生から高校3年生までの正答率、および正答率がランダム解答より良いとはいえない生徒(以下、ランダム解答)の割合を統計的に求めたものが表である。

すべての問題タイプについて、ほぼ、高い学年ほど正答率も高く、ランダム解答の生徒の割合が低いことがわかる。このことは、中高生は学校および生活の中で各タイプの読解能力を伸ばしていることを示すともに、リーディングスキルテストのテストとしての妥当性を示している。

こで注目すべきが、AIが射程に入れている(1)から(3)の問題タイプに比べて、意味理解なしに解くことが難しい(4)から(6)の問題タイプの正答率の方が悪く、ランダム解答の生徒の割合が高いという点である。まさに、(略)AI に代替されやすいような読解力の身に着け方をしている生徒が少なからずいると考えられる。

全体的に、リーディングスキルテストの成績が、中学3年生から高校1年生になる時点で上がっているのは、
リーディングスキルの能力が上がったからでは無く、能力が低い生徒が進学できなかったことを意味していると考えられています。
「具体例」を見ると、中学卒業時において、正答率がほぼ3分の1(33.7%)、高校卒業時において、正答率がほぼ半分程度(51.3%)だということが分かります。
高校を卒業した人でも「具体例」が分からない人が半分程度いるのです。

原因や解決策
これらの原因や解決策はまだ分かっていません。
教師からは、「語彙力の不足(分からない単語が出ると挫折する)」「文章を最後までしっかりと読めない」などの指摘があがっていますが、これらが、どの程度影響しているのかは分かりません。
また、「イメージ」に関しては、言語の図表化、図表の言語化、を生徒に課して、鍛える教師も現れているようです。
そんな、現場の教師の努力で、テスト結果がある程度良くなった学校も出てきているようです。

参考にしたURL等
https://twitter.com/sho_yokoi/status/798083441493323776
http://www.nira.or.jp/pdf/opinion31.pdf
https://mainichi.jp/articles/20170926/ddm/013/100/002000c
https://news.yahoo.co.jp/byline/yuasamakoto/20161114-00064079/
http://www.nii.ac.jp/userimg/press_20160726-2.pdf
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%B8%A4%EA%BC%F5%A4%B1
リーディングスキルフォーラム
その他